話をする基本スタンス

僕には人と接することにこだわりというか、自分なりのルールを持つようにしています。

特にコミュニケーションをとる会話に重きを置くようにしていて、楽しく話すことを目的しています。

ルールというのは3つあります。

1 自分から話をふる

他人と職場やお店などで知り合いと出会ったときにはなるべく自分から何かの話題を振るようにしています。

話題もなるべく軽めの相手の事を話題にするとスムーズにいくと思います。

今日あった出来事、ニュースや、相手の「今日はいい靴を履いてるね」とか「髪切ったの?」そうすると相手も構えずに受け答えできるし、相手が自分の話をしやすいからです。

2 相手へインタビュー

会話では基本的に相手の事を話すように会話を進められたら相手は気持ちよく話せます。

インタビューをしているように「それはどういうこと?」や、「もっと聞かせて」というスタンスです。

割と自分が経験したことや、体験談があれば話したくなります。そういうときはグッとこらえ、相手の話題に乗ることが重要です。

自分の事を話してもよいですが、その後相手にも話を振るなどします。

3 話を聞く

会話をするときには聞くことに重きを置きます。

相手が旅行の話をしたら、「どこへ行ったの?」や「そこはどうだった?」聞いて、相づちを適度にうちながら聞いて、話を聞き出す感じです。

何よりあなたの話を聞いてますよというスタンスで会話を進めるのが大事です。

その時に、自分の思いついた話をして相手の話を遮ったりしてしまいますが、ここもグッとこらえて相手が話したい話をしてもらうことに集中します。

話をするのは楽しいものです。

自分が楽しんで話をするのも大事で、日々の生活の中で面白いニュースや出来事をネタを探すのも日課になってしまいました。

それを話して相手が楽しい気分、笑顔にになれたらその時の目標は達成ということにしています。