社会人の1人暮らし

テーマは社会人の1人暮らし。
今日はこれをテーマに話していけたらと思います。

まずは、社会人が1人暮らしをする場合の初期費用です。

社会人になるにあたって、自立などのために引っ越しをする人は多いです。

中には初めて1人暮らしをする人もいるはずです。

1人暮らしを始めるには、家賃や光熱費 以外にも様々なものが必要となります。
まずは初期費用でどのくらい必要になるか確認しましょう。

一般的に初期費用として、家賃の5ヶ月分程度かかると言われています。
意外とまとまった大きな金額になるので引っ越しの際にはできるだけ節約するなどしてまとまったお金をつくっておくことをおすすめします。

初期費用はおおよそ分かったので次に月々にかかる費用について確認していきましょう。

まずは「住居」です。

住居にかかるお金も決して少なくはありません。
家賃の他に共益費や管理費などがかかります。

一般的に家賃は給料の3分の1が無理なく生活できると言われています。

また、車を持っている人は家賃とは別に駐車場がいるため別に駐車場代を支払う必要があります。

会社から家賃補助などでる場合もあるのでしっかり把握して物件を選ぶと良いと思います。

次は光熱、水道です。

これは物件や人によりますが、光熱費、水道代も毎月発生するものです。
電気代は季節によって大きく変わりますが

春・秋は3,000程度、夏・冬は7,000程度かかると思われます。(人によりますが)

水道代は浴槽にお湯を溜めるかどうかや洗濯の頻度にもよりますが大体3,000ほどを目安に考えておくと良いと思います。

次は家事用品です。

毎日の生活に必要な洗剤、石鹸、ティッシュ、トイレットペーパーなどは切らすと大変なので安い時にまとめて購入すると節約にもなります。

最後に1人暮らしの生活費節約のポイントは
「食費と家賃」です。

社会人として1人暮らしをスタートさせるためには、初期費用の他にも毎月様々ななお金がかかります。

金額の大きなものから削っていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です