コミックを読む方法の多様化について

最近はコミックを買って読むだけでなく、いろんな方法で読むことが出来ます。具体的にいくつかの方法が挙げられますが、いくつか紹介していきます。

まず、最初に思いつくのが電子コミックです。

BookLive!コミックやコミックシーモア等の電子コミックがシェアを伸ばしていますが、電子コミックの利点について説明します。

電子コミックは自分の手に持つことが必要ないので、手が汚れません。

潔癖性や本をガサツな本を汚してしまいがちな方には、とてもいい利点だと思います。

大手電子コミックサイトだとコミック数もとても多く、ある程度の読みたいコミックは読むことが可能です。

また、キャンペーン等で一巻丸ごと無料で読むことができたり、コミックを購入するとポイントサービスでポイントが貯まったりします。とても便利で、シェアを伸ばしています。

次に思いつく方法は、漫画喫茶(ネットカフェ)を利用する方法が挙げられます。

漫画喫茶(ネットカフェ)は基本24時間営業で、コミックも大手チェーン店だと何万冊も取り揃えていて、フラット席やリクライニング席等でくつろいで自分の好みのコミックを持ち込んで読むことが可能です。

基本的にフリードリンクサービスで、お店によってはソフトクリーム食べ放題のサービス等もあり、パック料金だとお得な料金設定になっていて、自分の好きなコミックの作品を長居をして一気に読むことも出来ます。

こうしたこともあり、近年勢力を伸ばしていて漫画喫茶(ネットカフェ)の店舗も増えています。

こうしたことが原因で、書店の実店舗が減少しています。

時代の流れなので仕方ないと思うのですが、やはり自分が昔よく立ち寄ったお店が潰れるのは寂しいので、残った店舗の方には工夫をして頑張ってもらいたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です