今流行りのUber Eatsの配達パートナーをやってみました!

皆さん、Uber Eats(ウーバーイーツ)についてご存知でしょうか、アメリカの大手企業Uberが手掛ける宅配サービスの事です。

注目すべき点は、利用者、お店、そして配達パートナーの3つの視点からWin-Win-Winの関係でビジネスが成功していることにあります。

そんなウーバーイーツについて、宅配パートナーとして働いている筆者がその体験談を紹介します。
気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

まず、配達パートナーの紹介だけ簡単にしますと、通常ピザなどの配達サービスはその店舗のアルバイトなどを利用して配達するのが普通です。

ですが、ウーバーイーツの場合ウーバーイーツに登録している配達パートナーが代わりに配達するというところがポイントです。

この結果、お店側はアルバイトを態々配達に向かわせる必要が無く、また人出が足りてないお店でも配達のサービスを行うことができます。

配達パートナーのメリットは、自分が好きな時間に仕事を行うことができます。

主にアプリで仕事を行うのですが、ボタンひとつで仕事を受けることができちょっとした時間に仕事を行うことができます。

その為、普段の仕事とは別に副業的な感覚で仕事をこなせます。

ここから、配達パートナーとしての感想ですが、運動になると言うところが1つめの良いところです。普段まったく運動をしないので、自転車にのって配達するのは結構な運動になります。

運動しながらお金も稼げるので1石2鳥なわけです。

続いて、おしゃれなお店を色々と探せるところも良いポイントです。

ウーバーイーツを導入しているお店は、カジュアルで小規模なお店が多いです。

「こんなところにこんなお店が」と言う風に知らないお店を探し出せるので非常に楽しいです。

ゲーム感覚で仕事を行えるので気になる方は是非チェックしてみてください。
18歳以上で自転車かバイクがあれば誰でも出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です